1・このサイトについて

はじめまして、このサイトはアレルギー体質だった管理人が

いろいろな事を試してみて軽減した方法を説明しています。

人によってアレルギーは、皮膚のアトピー・湿疹・

ハウスダストの気管支炎などいろいろな症状がありますが

お子様、女性、男性問わずアトピーの方は

肌がいつも蚊にさされたようにかゆく

精神的、外見的にも不利で苦労をされてこられたと思います。

私もそうでしたが、現在はいろいろな方法を試してかなり改善しました。

アレルギー鼻炎やアトピーで困られている方も

参考の一例として試していただきお役に立てればうれしいです。



広告

2・アレルギー症状とは

アレルギーとは免疫性疾患の事です。
体内の特定の部位に炎症がいろいろな事が原因で起こる現象です。

アレルギーは一部分で起こっている反応のようですが、

部分的に見えている部分だけの反応ではありません。

実は気づいていないだけで

アレルギーの方は全身で反応が起こっています。


・皮膚の炎症がアレルギーで起こればアレルギー性皮膚性。(アトピー)

・鼻の粘膜にアレルギーで起こればアレルギー性鼻炎。(花粉症)

・気管支にアレルギーで炎症が起これば気管支炎。

・食べ物で湿疹炎症が起これば食品アレルギー。



広告

3・アレルギー原因

まず人の体を知る事が必要になります。

人の体はタンパク質、ビタミン、炭水化物、
カルシウム、脂肪から構成されます。

アレルギーは外部の異物に
触れた事が原因の反応もありますが、

体を構成する「食べ物」が主なアレルギーの原因になっています。

アレルギー体質の人は使用する家庭用品だけでなく、

体を作る食べ物にかなり気よつける必要があります。



広告

4・原材料表示義務

食べ物はアレルギー対策商品という物があります。

これはアレルギーの原因となる添加物を使用していない商品で

製造者が食物アレルギーに関する情報提供をしているものです。

昔は一部の商品の表示でしたがアレルギー人口が増えていくにつれて

全部の食物に原材料の表示義務がされています。 



広告

5・アトピーアレルギー改善方法

アレルギーはいろいろな原因があり、

何から対処すればいいのかわからないと思います。

まず私がアトピーで優先した事はやはり食用油です。

食用油は人の皮膚を作るからです。


悪い品質の食用油はアトピーの原因です。

これは科学的にも証明されております。

例えば遺伝子的に毛がはえていないマウスに質の悪い油を与えます。

そうするとボロボロのはがれやすい皮膚が出来るマウスになったりします。

人間の体もこれと同じシステムで損傷してアトピーが発生します。

ですから食用油は特に1番注意して選ぶ必要があります。



広告

6・アトピーアレルギー対策に安全な食用油

それではアトピーやアレルギーの方のために、
安全ではない油と安全な油を詳しく説明します。

下記は悪い安全ではない油です。
・トランス脂肪酸が多い油。
・酸化した油
・ビタミンEなどの抗酸化物質が少なく劣化しやすい油。
・有機リン酸系殺虫剤が使用された油。
・石油系溶剤で高温で洗浄して精製された油。
・合成食用油
・リノール酸が多い油。
・植物アレルギーの方は花粉を含む菊などから抽出した油。(紅花油)

 下記は良い安全な油です。
・ビタミンEを入れ酸化しないように安定化した油。
・低温で圧縮絞りをした油。
・農薬などで汚染していない原料からとった油。
・リノレン酸が多い油。

トランス脂肪酸は全くよくない成分でアトピーの方には天敵です。
これが体内炎症(アレルギー)の主要な原因です。
トランス脂肪酸は化学的に合成で作られた油や生成過程で発生します。
外国ではほとんどトランス脂肪酸使用が禁止されています。
トランス脂肪酸による人工皮膚の細胞培養の実験では
ボロボロの皮膚細胞ができました。
人間の皮膚にも同じ現象になります。

アトピーやアレルギーの方がいかにこれが含まれない油を
摂取する必要があるかわかると思います。

今販売されている食用油を脳卒中発生マウスに与えて
寿命実験をした研究データから、

寿命がかなり短かかったマウスの油は、
・菜種油
・コーン油(高リノール酸)
・オリーブ油

 寿命が1割縮んだマウスの油は、
・大豆油
・ごま油

 寿命が縮まらなかったマウスの油は、
・エゴマ油
・DHAの魚油

という事ががわかりました。
私は総合的に判断して
エゴマ油をおすすめします。
エゴマ油こそがアトピーやアレルギーの方のための油です。
なぜかと言いますと
エゴマ油にはリノレン酸が5割も含まれています。
他の油ではここまで含まれていません。
アルファリノレン酸は魚によく含まれる油です。
エゴマ油はシソから作られていますので魚油と違い臭みがありません。

リノール酸はトランス脂肪酸程ではありませんが、
摂取しすぎると免疫のバランスが悪くなります。
アレルギーが発生しやすくなるという事です。
通常の他の油はリノール酸含有が9割もあります。
アルファリノレン酸が1割もない油も多いです。

アルファリノレン酸は体内の免疫のバランスを整え
肌の炎症(アトピー)を押さえる肌を作り出します。

リノール酸とアルファリノレン酸は肌や免疫のために
常にバランスよく摂取する必要があるという事です。
後は石油精製した油ではなく、
湯せん圧縮搾りで精製した油にする必要があります。
外国からの輸送の場合虫が発生しないよう
有機リン酸系殺虫剤を入れますので、
それが含まれていない国産の油にする必要があります。
農薬も原材料に使用されていない事が必要です。

また油は料理に何でも合うように
独特のにおいがしない物を使用する必要があります。
このエゴマ油は全てに合致しておりすばらしい商品です。
私も使用しています。
1つ問題がエゴマ油は値段が高いという事です。
アトピーの方は5人家族で月6本程度料理に使用します。
上記を目安として判断して購入していただければと思います。
国産で無添加、無着色で和紙のみで精製した最高の油です。

料理で油を使用する場合、たくさん使用する時は
天ぷらや揚げ物の油です。
そういう時はコチラの
国産菜種油を使用して下さい。
これは菜種油でもリノール酸が少なめで無添加物で
湯せん圧縮方式できれいな日本国内の水で精製しています。
菜種も国産の物を使用していますので安心です。
 
大量に油を使用する料理の場合はこの菜種油を使用して下さい。
私もそうしています。
また
コチラの店舗 では
多く買うと送料無料ですのでご利用下さい。
これで体内の炎症反応も徐々に減っていきます。
また胃が弱い方も胃が荒れないようにぜひこの油をご利用下さい。
私もこの油を使用してみて胃のもたれが軽くなったと感じています。



広告

7・アトピーアレルギー対策の清潔な風呂

今回はアトピーでかゆい方のための
風呂についての対策をお教えさせていただきます。
アトピーの方は皮膚が酸化しやすいと言う特徴があります。
よく塩風呂がいいという方がいますが、
通常の丈夫な皮膚の方はいいのですが、
アトピーの方は塩を使用する風呂はいけません。
逆に低刺激物としてかゆさが止まらなくなってしまいます。

おすすめは雑菌が増殖するのを抑制する効果のある
カルシウム炭酸湯です。

後は風呂の水道管の雑菌汚れで肌がかゆくなる場合もありま すので
風呂は水道管も市販の洗浄剤でよく洗い、
風呂の水を常に清潔に保ちましょう。



広告

8・アトピーアレルギー対策石鹸

アトピーアレルギーの方のためのお風呂での対応の続きです。
このページでは風呂内で使用する石鹸について説明させていただきます。
石鹸はいろいろなものが販売されていますが、
その中でもアトピーの私が使用して、かなり良かった物と
選ぶ時に気よつけた事を説明させていただきます。

石鹸選びはアトピーの方には重要な事です。

泡が立つ界面活性剤はアトピーの方には天敵ですので
それが含まれない石鹸が重要です。
界面活性剤や発泡剤は皮脂を余分に取り肌のバリアを壊してしまいます。
これらは石油から作られています。
ようするに石油を体に塗っているような物で皮膚には有害です。
私もそうでしたがアトピーの肌は乾燥しているために
石鹸に含まれる界面活性剤は天敵です。
しかし、通常の石鹸では悪性のある
界面活性剤は英語で表記してある事はよくあります。

石鹸は本当の天然石鹸で
天然グリセリンが多いものが必要になります。
天然グリセリンは保湿成分があるのですが、
界面活性剤が入った石鹸にはグリセリンは少ししか含まれていません。
天然グリセリンは多いとゼリーみたいな物で溶けやすくなります。
通常の石鹸ではグリセリンを抜く処理をして
石鹸が長持ちするようにしていますが、
アトピーアレルギーの方はなるべく天然グリセリンが多く、
よけいな添加物や界面活性剤が全く含まれない
石鹸を使用する必要があります。

私は石鹸を2個使用しています。
皆様にもそれをおすすめします。
まず皮膚の雑菌が増えづらくなる、
無添加牛乳石鹸を使用してから
最後の仕上げにアトピーの乾燥肌の水分補給のために
池田さん石鹸を使用しています。

アトピーの方は湿疹部分から
水分が蒸発しやすいため肌が乾燥しています。
そして湿疹の膿みから雑菌が入りブドウ球菌などの雑菌が肌で増え、
それらがかゆみを増大させます。
無添加牛乳石鹸の弱アルカリ性は
雑菌が繁殖しずらい肌にし てくれます。

池田石鹸は水分保持の天然グリセリンが多量に含まれて
いますので乾燥肌にいいです。

私のアトピーもこれで大分軽くなったと実感しています。
アトピーアレルギーの方も石鹸選びがいかに大切かが
この石鹸を使用してみてわかるかと思います。

こういう石鹸はある程度は持続して使用してみないとわかりません。
ですから私も探すのに苦労しました。
ちなみに液体ボディーシャンプーは
化学物質(石油)で作られた物が多いので
アトピーの方にはおすすめできません。

広告

9・アトピーアレルギー対策シャンプー

アトピーアレルギーの方のための
シャンプーについて説明させていただきます。
アトピーの方は特に頭皮は気よつける必要があります。
頭皮は化学物質を吸収しやすいし、
油もたまり、すぐに不衛生になってしまうためです。
ですからアトピーアレルギーの方は特に完全無添加である事が大切です。

完全無添加となると天然の植物のシャンプーという事になります。
しかし、アトピーアレルギーの方は
天然の植物にも反応する場合が多いので
植物が含まれないシャンプーを選ばなければならないです。
例えばハーブ系原料はアトピーアレルギーの方は
よく反応してしまいます。

アトピーの方は酸性の酢、レモンが含まれるような
低刺激のある物質にも弱いです。
そこで私が選んで使用したのはやはり
質のいい弱アルカリ性石鹸シャンプーで髪の毛を2度洗う事です。
頭皮を洗う石鹸は
髪の毛が油でベタベタ湿らないよう
油分を最低限しか含まない石鹸でないといけません。
また酸性でない弱アルカリ性の品でないといけません。
アトビーの人の肌は酸性のものに弱いからです。
また石鹸に石油が含まれている場合も
かぶれて、かゆくなる場合がありますので
石油の含まれない石鹸である事が大事です。

おすすめはその安全な完全無添加の石鹸素地の
無添加牛乳石鹸シャンプーです。
牛乳はカルシウムが含まれており
弱アルカリ性で頭皮に雑菌が増えづらくなる効果があります。
また脂肪分は最低限含まれていますので髪の毛もしっとりします。
手を洗ってもかぶれる事はありません。
まとめ買いしておくといいでしょう。

アトピーの私は
頭皮アレルギー湿疹の方のかゆみの苦しみがよくわかります。
使用してかゆみが少しでもやわらげばうれしいです。


広告

10・空気清浄機でアレルギー気管支炎の予防

気管支炎の方は
部屋が結露によりカビている。
洗濯物の服、ズボンの毛の繊維が原因の方がほとんどです。
なので空気清浄機が必ず必要です。
最近は質のいい空気清浄機がありますので
空気清浄機おすするメーカー通販からご購入下さい。

部屋の除湿には梅雨に使用する除湿剤をご使用下さい。


広告

11・アトピーアレルギー対策クリーム

アトピーアレルギーの方のための保湿剤クリームを説明します。
風呂上がりに塗ります。
アトピーの方はまず完全無添加の製品が必要です。
なぜなら実はクリームには化学物質の中で
石油系の物が含まれていたりします。
英語でわかりにくい化学表記ですので
普通の人はそれはわかりにくいです。
普通の肌の方ならともかくアトピーの方は
それがかぶれる原因になってしまいます。
私もそれが原因の湿疹でかなり悩まされました。

ステロイドは副作用がひどくなるだけで根本的な治療にはなりません。
といって症状がひどい方はいきなりやめるのは難しいと思います。
薬として飲むステロイドは副作用が強いためすぐにやめるべきです。
私もそうしました。
塗り薬は部分的に無添加クリームに変えていき、じょじょに使用する
部分を減らしていきました。
これで脱ステロイドができたわけです。

それでは私が脱ステロイドができた
無添加クリームは 何かを紹介させていただきます。
アトピーの方の肌は乾燥しており
水分がほとんどありません。
また肌には基本的にバリア機能があるのですが
アトピー湿疹の方にはそれが失われています。
肌に水分が足りないのです。
ですので肌に水分補給が必要になります。

風呂上がりの肌には水分補給のため
ヒアルロン酸クリームを塗れば大丈夫です。
これでステロイドなしで湿疹もかなり引いたので本当に使用してよかったです。



広告

 

12・ダニ・アレルギー対策の掃除機と布団

体のにきびが悪化する方はダニが原因の場合があります。
私がしているダニアレルギーの治し方をご紹介させていただきます。
ダニは血を吸うダニばかりではありまません。
ほとんどの家の主軸のダニは家ダニと言う
血を吸わないダニが生息する家庭が多いです。

まずダニアレルギーの方は、ダニ、ノミ駆除のバルサンを使用して下さい。
その次は布団を洗って乾燥機にかけます。
布団を洗ってもダニは死にません。
乾燥機に55度以上の温度で30分かけるとダニは完全に死にます。
家に乾燥機がない場合は炎天下の車の中に布団を1日置いて日光にあてると完全に死にます。

その次に布団に掃除機を定期的にかける必要があります。
ダニは布団を普通に日にあてて干しても減りません。
内部に入り込み隠れるだけです。
布団を洗って乾燥機にかける。
そして日頃は布団に掃除機をかけるのが一番数を減らせます。
コチラのダイソン掃除機をご購入いただければと思います。
完全にアレルギー対策になる掃除機はダイソン掃除機 です。
通常の掃除機は細かい微粒子のホコリを吸い取る事はできません。
微粒子は都会がかなり多いです。
花粉、車の排気ガス、工事、いろいろな原因で
空気が汚れているからです。

この掃除機はホコリ、
ダニの死骸や糞や花粉などの微粒子を完全に取る事が可能です。
通常の掃除機では微粒子は排気や
掃除機の部品のつなぎ目の隙間からかなり出てしまいます。
しかし、ダイソンは排気から微粒子が
ほとんど漏れずにキャッチできます。
国産掃除機では取れない粒子の10分の1程度の
細かい微粒子を99.95%以上取る事ができるのです。
アレルゲンを確実にキャッチできますので
窓を開けずに掃除をしても粒子は室内で舞わずに
室内の空気はどんどんきれいになります。
室内微粒子の確実な除去を望むアトピーがひどい方は
これのご使用をおすすめします。

ダニアレルギーの方は布団は水洗いができる布団をおすすめします。
寒い季節なら毛布もプラスすると暖かいでしょう。
毛布は水洗いできる物ならおすすめです。
寝具通販のサイトからご購入下さい。
定期的に55度以上で乾燥機にかける事は忘れないで下さい。

布団カバーは、
ここ最近はダニが布団から漏れ出る事のない
防ダニ枕カバー
防ダニ布団カバー
防ダニ布団カバーがあります。
布団のサイズを計って選択していただければと思います。
単純な作業ですがこれでかなりダニを減らす事ができます。
私はこれでかなり湿疹がひきました。



広告

13・人間のアレルギー原因の猫と犬のダニ、 ノミ、シラミ対策

猫や犬を飼っておられる方で

ペットアレルギーがある方は

ペットのダニ、ノミ、シラミが原因の場合があります。

ペットの体を洗うだけでは卵は死にません。

家に卵をばらまいている場合は家が汚染されます。

ちゃんとペットの体を洗ってから薬で治しましょう。


下記のうさパラのサイトは格安なので

猫や犬の多頭飼いをしている方に大人気です。

これで人間にダニ、ノミ、シラミが

感染しませんので安全です。